アーカイブ

ゾートロープ

3Dオブジェクトがうねうねと動く動画に刺激されてKickstarterで179ドルの3Dプリンターに投資したのは2015年の春だったと思う。2015年11月出荷のはずだったのが,順調に遅れていって,ついに今年の2月にはプロジェクトが頓挫した。Kickstarterだから,こういうリスクは承知の上とはいうものの,送料と合わせて3万円のダメージは悲しい。

しかし,嘆いてばかりでもしかたがないということで,得意のアヒルを並べてみた。

IMG_1985
これをゾートロープで回転させて,ストロボ光の発光間隔を少しずつ変えてやるすると,アヒルが次々に沸いて出て,らせん形をえがいて動き回る。

動画にするとちらつきが強調されるけど,現物はさほどでもなくて,アヒルが動き回るのがおもしろい。動きが少し速いのはモーターの回転数を調節すれば大丈夫だ。さらに,今回のアヒルは紫外線を当てると光る蛍光アヒルだということも発見。UVストロボにすれば面白そうだ。

IMG_1969

8月6・7日の2日間,東京ビッグサイトで開催されるMaker Faire Tokyo に出展します。

MF16-Tokyo_Badge_v2

ブースはG-02-07でワークショップの隣,出展物は水滴パルスパワーアップ版,パワーアップできずに去年のままのゾートロープ,構想倒れの感のあるクントの実験二次元版の3本だてです。

ご来場をお待ちしています。

MFT2016_layout_0713

 

MFT2015で展示したゾートロープの動画です。

まずは,おなじみのアヒルにくまモンとブタとエイが加わったやつ。

場面の設定は,無人島に流されたくマモンが,ブタの目を回させて今夜の食事にしようとねらっていて,近くの海ではアヒルが列をなして泳ぎ,沖の方ではエイが飛んでいるという,訳の分からない世界です。

 

続いて,会場に持って行ったけど,ほとんど展示しなかったやつ。

これは,おなじみのタイマーIC NE55を使ったLED点滅回路がブレッドボード上に組み上がるまでの過程を,ゾートロープでアニメ化したものです。しかし,「難易度高すぎ」ということで,ほとんどの人には受けませんでしたが,受けた人には大受けしていました。ちなみに,水滴パルスで使っていたLEDストロボは,これとほとんど同じ回路です。

8月1・2日の2日間,東京ビッグサイトで開かれたMaker Faire Tokyoに出展してきました。準備に忙しくて事前のアナウンスができませんでしたが,ご来場いただいた方々に感謝します。

MFT2015banner
当日の我々の展示物は,人気順に
水滴パルス,ゾートロープ,Processingによる「芸術的」シミュレーションの3つでした。

水滴パルスは「きれいなもの発見」で近寄ってきた人が,謎の怪現象(水滴がホースに吸い込まれていく)を目の当たりにして,怪訝な表情を浮かべ,なんとかしかけを見破ろうとするのが面白かったです。

一方,ゾートロープは,ストロボが点滅を初めて円盤上のフィギュアが動き出した瞬間,見ていた人の表情がほころぶのが楽しかったです。

芸術的シミュレーションは,多くの人がマウスのグリグリに連れて変化するきれいな画像を楽しんでくれましたが,Processingやシミュレーションに関心のある人たちには,もっと受けたようで,シミュレーション作者と一緒になって盛り上がっていました。

以上,充実した二日間で,まだ心地よい疲労が残っていますが,次回もこの調子でがんばりますので,よろしく。

本体の箱が,そろそろできあがってきたので,色を塗ってついでに運搬用の蓋も作った。

IMG_1369

引き続き,各ブロックの取り付け。

蓋は取り外せるようになっていて,裏には運搬用に発光部をマジックテープで貼り付けられるようになっている。

IMG_1393

このアングルだと配線がきれいに収まっているように見える。

 

少し別な方から写した写真。こちらはフラットケーブルがのたうっていてDOSV風味だ。

IMG_1394

これで,ゾートロープ本体はひとまず完成。あとはアヒル以外の回るものを作らねば…。

がんばるぞ。

 

 

前にステッピングモーターの回転速度にわずかなふらつきがあることに気がついた。その時は,ターンテーブルの重量をモーターの軸受けで受ける手抜き設計のせいで軸受けが傷んだのではないかと思ったのだが,どうもステッピングモーターの回転速度にはある程度のふらつきがあるものらしい。

それなら安心,といいたいところだけど,やはりターンテーブルの重量をモーターの軸受けだけで受けさせるのはいい事ではない。安直に本体に戸車でも付けて円盤の重量を受けさせるようにしておこう思って,ホームセンターに行ったら良さそうなものが見つかった。

ホームセンターでは,「樹脂ベアリング」or「ベアリング付きローラ」と「キャスターベース」という名前で売っている。

ホームセンターでは,「樹脂ベアリング」or「ベアリング付きローラ」と「キャスターベース」という名前で売っている。

メインのローラーは,戸車の車輪を外しただけのように見えるが,立派なベアリング入りのローラーで,車輪の踏面が山型になっているので,転がり抵抗や軸方向への力を減らすのに有効なような気がする。こいつを「アジャスターベース」という金具に取り付ければ,都合のいいものができそうだ。

このローラー(戸車?)を3個,120°ごとに取り付ければ3点支持で都合がいいということで,1つをそのまま本体に取り付け,残り2つは30°の傾斜の木片を介して取り付けた。後付けなので,本体に木を継ぎ足したり傾斜材が張り出したりして不細工だけどしかたがない。

30°の木材はホームセンターで切ってもらった。

30°の木材はホームセンターで切ってもらった。

こちらは本体にそのまま,と行きたかったが,はみ出すので木を足した。

こちらは本体にそのまま,と行きたかったが,はみ出すので木を足した。

120°おきになっているはず。

120°おきになっているはず。

無事にローラーが付いたところで試運転をしてみると,回転ムラの方はよく分からないけど,騒音だけは目に見えて(耳に聞こえて?)大きくなった。
ああ,やっぱり…。

まあ,静かなところで動かすわけじゃないからいいとしておくか。やれやれ。